春先の秋桜-釜石からの手紙-

こんばんは。田村です。

実は、BLOGの更新を私が途絶えさせておりまして、
ひさしぶりの登場とあいなりました^ ^;

さて、今日から新年度がスタートしましたね。
せっかく咲いた桜は残念ながら夕方から降り出した雨で散ってしまいそうな感じですが、
きょうは、あえて秋に咲く桜「秋桜」にまつわる、とても嬉しい出来事があったので、
皆さまに紹介させていただきます。

今朝、ポストに届いた1通の手紙。

  DSCN6080 
消印を見ると「釜石」になっています。
差出人は釜石の農家さんから。

実は遡ること1年半前、あるサイトで、釜石の創作農家こすもすさんが、
震災で遊び場を失ってしまった子どもたちのために自費を投じて公園を整備する取り組みを
されていることを知りました。
当然のことながら、整備にかかる費用の全てをご自分たちだけで賄うことは難しく、
クラウドファンディングを活用して協力を募られていたのです。

その少し前に、あるプロジェクトを通して私も釜石を訪れていて、
震災後2年が経過したにもかかわらず、まだ被害の爪痕が残る釜石の様子を目の当たりにしたばかり
だったので、偶然にもこすもすさんの取り組みを知ったことが、何かのご縁のような気がして、
気持ちばかりの協力をさせて頂きました。
その日が2013年10月1日。

以来、釜石を訪れる機会もなく、気がつけば今日でちょうど1年半が経過していました。

開封してみると、なんと、子どもたちのために整備された「こすもす公園」に咲いた
コスモスの種とともにお便りが入っていました。

DSCN6078

同封されたお便りには、活動報告の会報と絵はがきも入っていて、
種には
「子どもたちの笑顔が沢山つまった『希望の種』です」
と書き添えてあります。

DSCN6077

思わずジーンとして、嬉しくて涙が出そうになりました。
⇒ こう見えてワタシ、泣き上戸だったりしますw

今度の休日、早速プランターを用意して、この種を蒔いてみようと思います。
そして、半年後、秋になって、コスモスの花が咲いたら、写真を撮って釜石の「こすもすさん」に
送ってみようかな。

そんなことを考えながら、釜石で知り合った方々の顔が次々に浮かんできて、
ココロがほっこりした1日でした。

半年後、こんな風に可憐な秋桜が咲くことを願って、きょうはこのあたりで。
それではまた。

秋桜

< Yukari Tamura >

 

Posted in まちづくり, 日記, 記事.