レオライナー

本日のWEBは木村です。
今年も行ってまいりました。西武ドーム。
西武ドームへのアクセスは、もちろん西武鉄道で向かいます。
初めて西武ドームに行ってみよう!!
という方もいらっしゃるかもしれないので、アクセス方法を書いてみたいと思います。
(要らない情報かな?。。。)
試合の行われる日は、池袋駅・西武新宿駅から直通電車が運行されますので、
一番簡単かつ間違いが無いのはそちらのルートとなります。
但し、西武新宿駅から行かれる方は、
直通が少ないので、こんなルートも覚えておくと便利です。(。。。だから要らないって)

西武ドーム(西武球場前駅)の近辺はやたらと路線が入り組んでいます。
これは様々な鉄道会社が吸収合併されて、このように混沌としてしまったそうなのです。
西武新宿線の小平駅で、拝島線に乗り換え。
一駅進み萩山駅で多摩湖線に乗り換えます。
西武遊園地駅から山口線(レオライナー)に乗り西武球場前を目指します。
乗り換えを3回も行わなければなりませんが、
このルートで行くと、西武新宿~所沢~西武球場前の直通ルートよりも少々早く球場に着くことが出来ます。

こちらが西武遊園地駅の山口線のホームです。
なんと線路がありません。コンクリート軌道をゴムタイヤで走るいわゆる新交通システムというものです。
新交通システムは補助金の交付があることから、公的組織で運営されるものが多く、
純民間企業による路線は日本ではこの山口線と千葉のユーカリが丘線の2路線だけだそうです。
(wikipediaさんありがとう。)

車両はこちら。
80年代のライオンズイメージカラーです。
先頭車両には、レオのプレートも付いています。
車内もライオンズカラーで統一されています。

車内放送からは松崎茂の往年の応援歌だって流れています。
気分も高まって参りました。
2駅なのであっという間についてしまうのですが、


車窓には若干昭和の香りを残す西武園遊園地や
西武園のゴルフ場などの景色が広がります。

西武ドームが見えて参りました。。
最後にこの新交通システムは線路内に高圧の電流が流れており、
通常の路線では必ず転落防止柵が設けられているのですが、
山口線ではこちらの注意書きのみとなります。

試合後はホームが非常に込み合いますので、くれぐれも線路に落とされないようご注意ください。

Posted in 日記.